美容から健康まで

注射器

エラが張った顔を手軽に改善したい時のほか、ボトックス注射は顎関節症や肩こりの改善などにも活用できます。治療先を厳選することは大事な準備作業のため、多角的な条件から選び、ネット割引を狙うならホームページの予約フォームから申し込みましょう。

詳しく見る

受ける際の重要な選択

鏡を見る女性

ボトックス注射治療は薬剤を注入するだけの治療内容です。薬剤には正規品とジェネリックがあり、どちらも検討価値が高い特徴があります。また検討しなければならないのが、安全に施術を受けられるクリニック選びです。リスク回避には重要な要素になります。

詳しく見る

美顔になるための治療法

注射器

ボトックス注射は眉間や目尻に打つことで、表情シワを減らせます。皮膚の表面に少量のボトックスを注入すれば、肌組織を活性化してたるみの治療にも有効です。美容成分のヒアルロン酸と同時に注射を打つ施術が人気です。

詳しく見る

男性の患者も増加中

女性

ダウンタイムの心配がないボトックス注射は男性にも人気です。アセチルコリンという神経伝達物質の放出を抑える作用があり、筋肉の収縮を弱め表情じわを解消する効果を発揮します。定期的な施術で若返り効果をキープすることが可能です。

詳しく見る

初めて受ける方に

看護師

身に着けておく知識

美容整形技術は向上し、現在ではメスを使用せずに希望を叶えられる治療内容も登場しています。その1つがボトックス注射治療であり、2009年に厚生労働省が安全性を認めてから全国に普及しました。ボトックス注射治療はその名の通り注射するだけの内容です。気になる部位に注射する事で多くの美容効果を得る事ができます。小顔効果やしわ改善、脚痩せやワキガ予防など幅広い効果を得られます。全ての悩みに効果があるのではなく、作用するメカニズムから筋肉が発達していたり動く事で起こる際に効果を発揮します。その為、脂肪の蓄積やヒアルロン酸の不足などが主原因である場合は希望する効果を得る事はできません。注入する薬剤はボツリヌストキシンというもので、ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質です。ボツリヌス菌は食中毒の原因菌ではありますが、注入量が非常に多くなければ発症する事はありません。注入量は状態や個人差がありますが、100倍程注入しなければ食中毒は考えられません。その心配はなく、ボトックス注射治療は副作用のない安全な美容医療術として、世界70か国以上で認証されています。脳から筋肉への信号を遮断する事で筋緊張を緩和し、筋肉が原因で起こるしわや筋肉太りを改善する事ができます。ボトックス注射治療を受ける場合、病院ではなく美容クリニックなどになります。治療ですが美容目的の場合は病院で受ける事はできません。美容クリニックを利用する場合は、基本的に風邪などで病院受診する方法と大きく変わりませんが、導入部分が異なります。ボトックス注射治療は自由診療なのでしっかり説明を受け、納得して受ける事が重要になります。クリニック側もトラブル回避の為に十分な説明を行います。美容医療の種類は多く、希望が叶う最適な方法もボトックス以外にある可能性もあります。また患者が希望するからとすぐにボトックス注射治療をして、実は原因が筋肉以外であった場合は思った効果が現れずトラブルの要因になります。その為、クリニックでは必ずカウンセリングが実施されます。カウンセリングは言わば面談であり、悩みや希望を共有し医師に知ってもらう場面です。また医師は悩みを受け止め、その原因を診察して特定していく重要な面談になります。この面談は必ず行われますが、病院に受診する様に窓口に直接行く前にする事があります。医師が面談するので直接受診しても予定が合わず面談できない事があります。その為事前に電話で面談日を予約する事が必要です。その際前情報として電話窓口の方からの質問にも正確に答えておくと、当日互いにスムーズになります。