美容から健康まで

注射器

満足できる結果は準備から

エラが張った大きな顔では他人の視線が気になり、自分に自信が持てなくなる場合もありますが、そんな悩みを手術不要で改善できるのがボトックス注射です。たとえばエラ骨を削る手術を受ければおよそ1か月の間、腫れなどが引くまでのダウンタイムも覚悟しなければなりません。ところが、ボトックスならそうした腫れなどがなく、翌日はもちろん治療直後にもスケジュールを入れられるため、仕事で日常生活を崩せない人でも利用できます。術後の通院も原則的に不要ですから、手間を掛けずにコンプレックスを解決したいという時にピッタリです。エラ骨本体には効き目がないとはいえ、エラの咀嚼筋が盛り上がっていれば、それに対しては改善できます。咀嚼筋の膨らみを引っ込めるだけでもマイルドになることがあるので、エラ骨が出ている人も検討しておくと良いでしょう。また、ボトックスの小顔注射は咀嚼筋の力を緩める治療のため、美容目的だけでなく、歯の食いしばりで顎を傷めている場合にも活用できます。とくに顎関節症の改善目的では優れた効果を見込めますから、連日の歯ぎしりで顎や歯にトラブルを抱えている人には朗報です。さらに、揉んでも取れないガチガチに固まった肩こりの解消目的でも活用できるなど、美容整形外科のボトックス注射は多彩な悩みごとの解決に利用できます。治療を受けるなら信頼の置ける美容外科に申し込むことが重要ですので、まずは自分が希望する部位のボトックス注射を取り扱っているクリニックを探しましょう。各院のホームページを閲覧すれば手軽に情報を得られますが、その際はボトックス治療をドクター本人も実践しているか否か着目するのもおすすめです。患者だけでなく自分に対しても行っていれば、それだけ探求心があると呼べますし、治療に自信がある表れにも取れます。申し込み先選びは結果を左右する大事な準備作業なので、値段だけに目を向けず、実績やアフターケアも含めて多角的に厳選してください。そして、幾つかの候補を選びましたら実際に会って依頼先を絞り込むため、それぞれの所にカウンセリングの予約を入れましょう。現在では無料のメール相談を受け付けているクリニックが多いので、手始めにそちらで感触を掴むのも良いかもしれません。いずれにせよボトックス注射は、事前診察を受けた後でないと治療は行われませんので、最初はカウンセリングを申し込んでください。その際、ネット割引などを狙うなら、ホームページの予約フォームを使って手続きするのが基本です。氏名や希望日時など、必要事項を入力して送信するだけですが、美容整形外科によっては折り返し掛けられてくる電話で再確認することで予約が完了する場合もあります。