受ける際の重要な選択

鏡を見る女性

事前に知る事でリスク回避

ボトックス注射治療はその名の通り注射するだけの美容医療術です。注入するのはボツリヌストキシンというボツリヌス菌から抽出したたんぱく質です。ボトックス注射治療の薬剤はボツリヌストキシンだけですが、実はその種類は複数存在しています。ボツリヌストキシンには大きく2種類あり、正規品であるアラガン社製かジェネリックになります。ジェネリックは正規品と同一成分同効果ではありますが、アラガン社が作っているのではなく、他の会社で製造されています。正規品はアメリカのアラガン社製を指し、この正規品は世界共通でそう呼ばれています。アラガン社製ボツリヌストキシンは医療現場で使用されている時から携わっており、世界中で安全性を認められています。美容医療に転用されてからも現在では70か国以上から安全性が認められ認証されています。ジェネリックは様々な国や会社が製造している事や、歴史も浅い事から安全性を認める程の臨床データも少なく、中には粗悪品やトラブルの報告もあり信頼性では正規品より劣ります。日本でも厚生労働省が唯一認めているのもアラガン社製ボツリヌストキシンです。ジェネリックがだめなのではなく、しっかりとした製品であるかが重要です。クリニックで扱っている場合、しっかりその薬剤を調べて安全と決めたから用意しているという事が重要です。ジェネリックを選択する事で費用削減も大幅にできますが、そのクリニックが信頼できるかが鍵と言えます。ボトックス注射治療は基本的に美容クリニックや美容整形外科クリニックといった、医療機関で美容医療を扱っているクリニックで受ける事ができます。名称は様々ですが、美容医療を扱っているかは看板やホームページで確認する事ができます。全国各地にありますが、受ける場合は十分な検討も必要です。ボトックス注射治療自体の施術内容はそう高度ではありません。改善したい部位の筋肉を見極め、正確に注射する事になります。特に重要なのは注入量であり、これが誤ると部位によっては表情を作れなかったり効果が現れなかったりします。ボトックス注射治療は副作用もなく安全な治療方法ですが、世界中で少数ですがこうした報告もあります。それは薬剤ではなく医師のミスによるものが大半です。この事からクリニック選びには医師の腕や経験が重要な選択要素になります。医師免許を持っていて医師としての経歴が長いのも大切ですが、それよりも美容医療に携わり、ボトックス注射治療の経験が豊かである方が重要です。美容医療は一般的な内科や整形外科とは異なります。リスクを回避する為にはボトックス注射治療経験が豊富な医師の方が信頼できます。クリニック選びは医師選びとも言えますので、まずはホームページで在籍医師の確認からになります。